車検の依頼で必要となる書類

バナー

車検の依頼で必要となる書類

車検を自動車ディーラーや自動車整備工場に依頼する場合には、ユーザーの側がいくつか事前に準備しなければならない書類があります。

書類が欠けていると、役所での手続きが進まなくなってしまうことがありますので、注意が必要となります。



こうした書類として、まずは対象となる自動車の車検証が挙げられます。

これは自動車の所有者や形式・種類、車両ナンバーなどの登録事項を証明する大切な書類です。


もし紛失などしてしまった場合には、国の運輸支局に再発行を申請する必要があります。



また、自動車税納税証明書も必要となります。
これは毎年4月1日現在の自動車の保有者に対して課せられる税金ですが、納税通知書の半券が納税証明書となっており、もし税金の納付が確認できなければ車検を受けることができません。

さらに、自動車損害賠償責任保険証明書も挙げられます。
交通事故の被害者を保護するため、すべての自動車に加入が義務付けられている強制保険、いわゆる自賠責保険に加入していることを証明する書類で、これがないと公道を走行できないことになっています。

以上のような書類が基本的なもので、そのほかに役所に支払う手数料などの必要な費用を合わせて依頼することになりますが、もし前回の車検のときから住所や姓名の変更があった場合には、新しい車検証の記載事項も変更しなければなりませんので、住民票や戸籍謄本といった、そのことを証明するための別の書類が必要になることもあります。



Copyright (C) 2015 車検の依頼で必要となる書類 All Rights Reserved.